空師(高木の枝打ち等)の料金計算法

image002

『① 木の高さ(m)』×『② 工賃10,000円』×『③ リスク係数0.5~1.5』+『④ オプション』=合計
 
①木の高さ:地面から、木の先端まで
②工賃
伐採作業+枝、葉、幹の運搬、処理
運搬・処理リスク係数とはその支障、木の立地条件により異なります。
機械も入れず、周りに倒す場所がない立木や、
枯れてから長期放置されていて、腐りだし、
いつ倒れてもおかしくないような立木はリスク係数が高くなります。
③最小リスク係数0.5の状態
樹木の近辺に何も障害物はなく、
作業車の出入りも自由に行え、
危険が少ない場合。
最大リスク係数1.5の状態
家に囲まれ、電線などの障害物も多く、
作業が非常に困難な場合。
④オプション
● 主に残材搬出の難しい場合の人件費     
● 重機のための道路使用許可の申請費用      
● 特別大きな重機を使用する場合など
リスク係数の料金実例
(例①)① 木の高さ(m)15m×② 工賃10,000円×③ リスク係数1.0×④ オプションなし=+150.000円
(例②)① 木の高さ(m)12m×② 工賃10,000円×③ リスク係数0.5×④ オプションなし=+60.000円