━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ☆ミゲル通信☆ vo15.01  2015年3月19日配信
————————————————————————

このメルマガは、ミゲル商事と名刺交換をさせていただいた方にお送りしています。
この場をお借りしまして、ご登録いただきましたことを厚く御礼申し上げます。
_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
・コラム …………………………… 「耳学問と現場現実主義」」
・ユニーク商材のご案内……………  新新コーポレーション、BowBells
社内サーバレンタル
・編集後記

■ コ ラ ム ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「耳学問と現場現実主義」

日本板硝子株式会社 酒井千尋

今から30年以上前だったと思うが、大学院の修士課程から博士課程の進学において、
修士論文の内容を発表して、博士課程の進学試験を受ける機会があった。
当時の私は、最新の分析装置を使って多くのデータを出していたので、
発表そのものには不安は無かったが、考察の内容に対して更なる深みを付けるために、
指導教官の教授が試験の直前に論文に記載した内容も併記して発表した。

結果的には、発表自体は問題なく、また質疑応答に対してもまあまあ無難にできた
ので、自分自身では安心してしまって、意気揚々と試験後に教授の研究室に挨拶に
行った。教授からの「試験はどうだったのか?」と言う問いかけに対しては、
「何とか無事にできました。」とか回答したように思う。
しかし、その直後に、今までに無いように列火の如く怒られた(尋常でなく)。
その理由は、教授が論文に掲載した考察の内容も確認しないで発表したことにあった。

実際に、その発表とは、当時の常識で100-120MY前(MYは百万年)と一般的に言われていた
対象の地層の地質年代に対して、ある年代測定法では180MY前であったという内容であり、
私はこの情報をそのまま引用したことにあった。
この60-80MYの差は、当時の年代測定の同定法では説明が必要な大きな差であり、
それなりに理屈に合った注釈が必要であった。
もちろん、教授からは、「180MY前という年代測定の結果は、ある特定の放射性元素の
年代測定の結果であり、そのような条件も加味して考察すべきであった。」と言われた。
そうしたことや発表時の些細なことも含めて、「君は本当に理解していたのかね!」と、
また雷(多分、電光柱という太い雷)のような衝撃を食らったことを今でも鮮明に覚えている。

さらに、教授は、「君の発表は、事実と耳学問とが混同していて、それが君の発表の質を
大きく下げている。」というようなことも言われた。今から思い出しても、
確かにその通りであり、あの時、教授自身で質問をしてわざわざ修正を入れなかったのは、
幸いにしても他の教授からの質問が無かったためであり、
結果的には、みじめな状態を回避させるためであったのかと、後になってひしひしと感じた。
そんなことで、それ以降は、現場現実主義というか、自分の出したデータや結果を主体として、
文献情報は孫引きも含めて必ず裏を取ることを意識するようになった。

綾小路****」の講談ではないが、あれから早くも30年が経過した。
今では、世間でも名前が通った大学から若手が入社してくる企業組織の技術的にも
上位の立場となり、当時の教授と同様に、技術報告書の査読や技術的な講演会でも
質問や指導をする立場となった。
もちろん、これらの若手技術者は、ペーパテストの得点も高いし、記憶力も高いし、
また、プライドも高い。

こんな中で、当時のことを思い出して、今の若手や中堅の技術者の様々な行動と比較
することも多々ある。
「君の発表は何に基づいてそう言い切れるのか?」とか、
「本当に文献に書いてあった?」などと教授と同じようなことを言っている自分に
気づくことが多々ある。
そして、やはり、彼らが、「耳学問」で自分の仕事の説明をしていることを感じることがある。
また、発表している彼らの表情を見ていると、何とかこの場を逃れようとし、さらに、
本当の目的もわからずに話しているケースも多々あるように感じる。
多分、こうしたこともある意味の「耳学問」から派生する悪い点であろうと思っている。

今の自分の目標は、若手や中堅の技術者をなんとか一人前(外部からも認められる)の
技術者として成長させることである。
偉そうに言うならば、今の私は、丁度、親が子供を育てるときの「大変さ」というものを
感じているのかも知れない。
多分、これは、恩師である教授の悩みと同じようなものなのであろう。

教えることは、やはり教わることよりもはるかに難しい。しかし、骨太技術者を育成する
ことは、私を指導した教授も、そして教授を指導した先生も、全ての技術の先輩たちが
求めている重要な課題でもあると思われる。

やはり、私も、教授のように本音で自分の正しい信念を持って、これから成長するで
あろう若手技術者を教育していかねばならないのであろう。
どんな厳しい場面においても、技術の発展だけでなく人間の成長に対しては、
教育と育成が重要と思っている。

■ ユニーク商材・サービスのご案内 ━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

(Ⅰ)☆☆株式会社新新コーポレーション(大津市)は国内および海外を拠点に
事業展開する総合商社です☆☆
〇事業目的:日本製機材の中国(台湾),韓国、香港へ輸出、中国製機材の日本輸入
日本・中国のそれぞれの市場にフィットする商品を提供します。
詳しくは http://shinshin-corp.com をご覧ください。

〇社長の森野様は大手メーカーで執行役員を全うされて、長年の中国での経験を生かして
起業されました。中国や台湾での販路開拓や中国製品の輸入を望まれる方はご連絡ください。

〇連絡先 ミゲル商事 info@migerushoji.com まで。 取次ぎいたします。

(Ⅱ)☆☆昨年12月に諫早市内に開業したフラワーアレンジのお店『BowBells』☆☆

〇オフィスやクリニックのフラワーアレンジ、ウエディングのオリジナルブーケなど。
ご要望に応じてすてきなお花をご提案します。
http://lifewithflowers-nagasaki.jimdo.com

〇近年ヨーロッパで注目の、本物と見まちがえるほどの美しい造花(アーティフィシャルフラワー)
を使用して安らぎと癒しの空間をコーディネイトします。
1426230222533

〇お問合せ BowBells 代表 藤原美千保
TEL:080-6448-0466
Mail:bowbells0128@yahoo.co.jp

(Ⅲ)
=====================
社内サーバ・レンタルサービス開始!!
=====================
現在、データのバックアップはどうされていますか?

項目に当てはまる方はデータ消失の可能性が有り危険です!!
・最近パソコンの動作が遅い。
・バックアップを行っていない。
・USBフラッシュメモリにバックアップを行っている。
・外付けハードディスクにバックアップを行っている。
・CD・DVDにバックアップを行っている。
・NASやサーバを運用しているがメンテナンス・バックアップを行っていない。

NASのRAID(レイド)のみでの運用などは最も危険です!!!
NASは安価で手軽に導入することが出来ますが、
メンテナンスや障害時の対応などには専門的な知識が必要で
NAS使用時のデータ破損事例は年々増加しております。

弊社では社内サーバをレンタルにて提供させていただいております。
初期導入費用を抑え「完全無料メンテナンス」付きになっており
安心してデータを保存・運用することが出来ます。

データバックアップでのお悩みやNAS・サーバの交換をご検討の方は
ぜひ弊社までご相談ください!!!

レンタル費用は月額1万円(税別)です。
※別途設置設定など初期導入費用が30,000円(税別)必要となります。

お問い合せは、ミゲル商事 info@migerushoji.com まで
■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

長崎市内のホテル業界は昨年の「がんばらんば国体」につづき、造船所の外国人
技術者の長期滞在、そしてランタンフェスタで活況を呈しているようです。
今後も県庁移転や新幹線開設などの大型プロジェクトが予定され、少しは景気を
押し上げていくのではないかと期待しているところです。

ただ、あまりに便利なったり都市化(自然を排除する)が進むと、人として心身の
バランスを崩すことになりかねません。長崎の伝統・地形・文化・自然の良さを
取り入れた開発を手掛けてほしいと思います。

———————————————————————-

【ミゲル通信】

発行開始日:2015年3月19日
次回配信は5月中旬を予定しています。
ご意見ご感想はこちらまで
migerunews@gmail.com

メルマガ配信が不要な方はお手数ですが、このメールへご返信ください。

———————————————————————-

【発行元】

ミゲル商事
〒859-0414 長崎県諫早市多良見町元釜559-5
TEL:080-1531-1936 (菅原まで)
MAIL:info@migerushoji.com
HP:http://migerushoji.com

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

======================================================================
Copyright(C) ミゲル商事  All rights reserved.